FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教を聞く目的は何か

出雲の岬
出雲の海岸は「きらら」といわれるきれいな海岸です。

今年の夏は短く、もうほとんど海水浴をしている人はありません。

今日は、出雲市の半島の先まで行きました。

なかなか行くことが出来ないのですが、行くと大変歓迎して下されるYさんの

お宅を訪問しました。

竹を割ったような性格で、いつもよくして下さいます。

夜は美郷町のTさんのお宅に行きました。

高森先生の御著書、「こんなことが知りたい1」を一緒に拝読しました。

問 人は何の為に仏教を聞き求めねばならないのですか。仏教の目的は何ですか。

答 ずばり結論から申しましょう。仏法を求める目的は生死の一大事、即ち後生の一大

   事の解決をする為です。仏教の内容も、総ての人々に生死の一大事、後生の一大

   事のあることを教え、その解決の方法を教示なされたものばかりです。
 
   釈尊一代の教え、八万の法蔵といわれる一切経も、この一大事を我々に如何に知

   らせるか、この一大事を如何に解決するかを教えられた以外の何ものでもありませ

   ん。 それはそのまゝ、人生究極の目的を教示なされたものです。そのことは、「人

   身受け難し、今すでに受く。仏法聞き難し、今すでに聞く。この身今生において度せ

   ずんば、更に何れの生に向かってかこの身を度せん」の仏語によっても明らかです。

   それにもかゝわらず、仏教の何たるかを知らず、勝手に仏教を誤解して、明るく、強く、

   たくましく、仲よく、この世を生きてゆく方法を教えているものが仏教だろうと思い込ん

   でいる人の如何に多いことでしょうか。
  
   丁度、仏教を廃悪修善、勧善懲悪、悪をいましめ善を勧める道徳や倫理と兄弟のよ

   うに思っている人が殆どです。だから、仏法を信じている者は、大人しい、やさしい、

   他人のいうことは何でもハイハイと聞く、お人よしになるのだろうと思っています。そして、

   どんな人とでも仲よく、ケンカ争いはせず、家庭も円満におさまり、いわゆる世間でいう、

   円満な人格者、角のとれた人間を仏教信者だと考えています。どんな苦しみ、不幸に

   あっても不平、不満をアキラメて、たゞ黙々と忍従してゆく人間像を想像しています。

   仏法をこの世を生きてゆく道具のように思っている証拠です。                     

   しかしこれは、全く道徳や倫理と仏法を混乱している迷見であります。若し、仏法がこの

   ようなものであるとするならば、親鸞聖人が肉食妻帯なされて、当時の倫理や道徳を根

   本から破壊し、囂々たる非難攻撃を自ら招かれ、当時の仏教界を大混乱させられる筈

   がありません。

   また、三十四才の時、法友、三百八十余人と大法論をなされ、これらの邪義を撃破して、

   法友から背師自立の横着者の親鸞じゃと罵倒されるような言動をなされる道理があり

   ません。
 
   更に、八十四才の老聖人が、長男善鸞を勘当なされて家庭を破壊し、世人から「産んだ

   吾子さえ救えぬ親鸞が他人を済度出来るものかい」と攻撃されるような、冷たい言動は、

   到底理解することが出来ません。
 
   聖人の御一生は、安易な現状との妥協や協調ではなく、生死の一大事、後生の一大事

   を知らせる為に、それをさまたげる一切のものゝ破壊に身命を捧げられたものでありました。

何回読ませていただいても心新たにさせられます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あきあき50

Author:あきあき50
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。