FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦悩の根元

今日の島根は大変暑く、益田では全国2位を記録しました。

大田でも30度を越える猛暑で、会場のクーラーもなかなか、ききませんでした。

ついこの間までは「寒いね、冬はやだね」、と言っていたのにあっという間のこと

ですね。

今日は高森先生から「苦悩の根元」について聞かせて頂きました。これだけ世

の中便利になったのに、少しも苦しみが無くならないのは苦悩の根元を正しく知

らないから。苦悩の根元は煩悩ではない、無明の闇であるとハッキリと教えて下

される真の知識(仏教の先生)にあうことがいかに大変なことであるのか、親鸞

聖人の実体験から学ばせて頂きました。

以下は高森先生監修の「なぜ生きる」より抜粋です。

p126

(4)診断 苦悩の根元は「無明の闇」

人生を苦に染める元凶は何か。親鸞聖人の解答は、簡明だ。

『決するに、疑情をもって所止となす』(『教行信証』)

「疑情ひとつ」と決断される。「決するに」「所止となす」の断言には迷いがない。

苦悩の解決ひとつ説く聖人だから、こんな明言が極めて多い。

「苦悩の根元は、これひとつ」と断定される『疑情』とは、次章から詳しく述べる、

死後どうなるか分からない「無明の闇」のことである。

苦悩の根元を「無明の闇」といわれて、「なるほど」うなずく人は、いないといって

よかろう。

「えっ!?なれ、なに!?」と驚く人、「聞いたことも、読んだこともないよ」と、みん

なソッポを向くにちがいない。

自己と向き合い、厳しく見つめている人でも、自分を悩ますものは、欲望や腹立ち

ねたみそねみの「煩悩」だと思っているのではなかろうか。文字通り「煩わせ悩ま

せるもの」と書いて、「煩悩」というからである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あきあき50

Author:あきあき50
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。